User Tools

Site Tools


reckoning_patreon_intro_jpn

reckoning / ˈrɛk(ə)nɪŋ/

Become a Patron!

Welcome to the most awe-inspiring project in SciFi and comic books today. 今日のサイエンス・フィクション界や漫画界において、最も畏敬の念を起こさせるプロジェクトへようこそ。

This is where Reckoning is happening!!! ここが、Reckoningプロジェクトが行われている場所です。

The Reckoning project aims at making a 5 album science fiction comic-book series that is also fully readable for the blind both offline as well as online. Reckoningプロジェクトはオフラインでもオンラインでも関係なく、視覚障害者が読むことができる、5枚のアルバムSFコミックシリーズの作成を目指しています。

How can this be achieved? どうすればこれを達成できますか?

Offline 3D Printable models shaped into relief like pages and accompanying braille pages mass-produced via laser engraving/laser cutting and vacuum formed pages over 3D printed panels. レーザー彫刻/レーザー切断によって、大量生産されたページ・付随する点字ページのようなレリーフに成形され、オフライン3D印刷可能なモデルと3D印刷パネル上の真空成形ページがあります。

In addition to the above, a regular comic book series is being produced, but that is not all. Remember, there was a mention of online accessibility for the blind as well? 上記に加えて、定期的な漫画シリーズが制作されていますが、それだけではありません。先ほど、目の不自由な人へのオンラインアクセシビリティについて言及したことを覚えていますか?

The 3D version of the comic will, according to plan, enable blind to go online, visit the comic-book page, select an album, and then zip around on pages by hopping between panels and zooming around inside each of the panels while feeling everything with their hands. This will be made possible using Haptic feedback gloves like the ones offered by HaptX. コミックの3Dバージョンは、順序に従って視覚障害者がオンラインになり、漫画のページにアクセスしアルバムを選択し、パネル間を飛び回ったり、すべてを感じながら各パネル内をズームすることで、ページを手で閉じることを可能にします。 これはHaptXが提供する触覚フィードバックグローブを使用することで、可能になります。

Using such a glove, anyone will be able to feel models both in their actual panel size as well as providing an option for scaling up models to a level where you can feel individual nuts and bolts according to the detail level of the models. このようなグローブを使用すると、誰でも実際のパネルサイズで感じることができ、モデルの詳細レベルに応じて、個々のネジとボルトを感じることができるレベルに拡大できるオプションをご提供することができます。

The 3D models produced for the series so far number more than fifty, and several are already released for free under CC license allowing for printing on 3D printers, and more are forthcoming as the project moves along. これまでにシリーズ用に作成された3Dモデルは50個を超え、いくつかは3Dプリンターでの印刷を可能にするCCライセンスの下ですでに無料でリリースされています。 プロジェクトの進行に合わせて、さらに多くの製品がリリースされる予定です。

A World first? 世界初?

The Patreon features the production of not only 3D graphics but also 3D Printable models and tactile pages, making Reckoning accessible to the visually impaired, making this, probably the world's first fully accessible comic-book SciFi series featuring 3D printable models. Patreonは3Dグラフィックスだけでなく、3D Printableモデルと触覚ページの制作を特徴とし、視覚障害者がReckoningにアクセスできます。

How many SciFi series do you know that will be fully accessible? 完全にアクセス可能なSFシリーズをご存じですか?

How many sci-fi comic book series provide fan printable merchandise for free? ファンが無料で印刷可能な商品を提供するSFコミックシリーズは、いくつあるでしょうか?

Yup, you got it! そう、他にはないですよね!

Reckoning should be your new favorite science fiction series, and it does all this and aims for more!!! Reckoningはあなたの新しいお気に入りのSFシリーズになることでしょう。もしくは大好きな作品の1つとしてご愛用いただけるかもしれません!!!

The Future 未来

Production of rudimentary 3D poses for panels has begun using a motion-capture suit from the Danish team Rokoko who ran the successful SALTO Kickstarter. SALTO Kickstarterを成功させたデンマークのチーム Rokokoのモーションキャプチャースーツを使用して、パネル用の初歩的な3Dポーズの作成が開始されました。

This means as the project progresses, if things go as expected, we'll end up with everything needed for turning the whole series into a series of 3D cartoons as well. プロジェクトが進行するにつれて物事が予想通りに進んだ場合、シリーズ全体を一連の3D漫画に変えるために必要だということを意味しています。

Things are already well on the way. Storybooks for parts 1-6 are done; each is like a small semi self-contained album, with the only difference that parts 1 & 2 from my web series have been contracted into one album. 物事は順調に進んでいます。 すでにパート1〜6のストーリーブックが完成しました。 それぞれ小さな半自己完結型アルバムのようなものですが、私のウェブシリーズのパート1と2が、1つのアルバムに縮小されているという違いがあります。

The Creation process 作成プロセス

If you have not watched the awesome storyboard creation video below to see how storyboard pages are created, I certainly encourage you to use the 3 minutes it takes to get a feel for what is happening. storyboardのページがどのように作成されるかを確認するために、以下のstoryboardの作成ビデオをご覧になっていない場合は、是非3分しっかりご覧いただくことをお勧めします。

The video depicts a scene from Operation Vermin and depicts scenes from the battlefield as a protagonist fights his way to a rescue ship and discussions in a ready room. このビデオはVermin作戦のシーンと、主人公が救助船に向かって手術室で議論する戦場のシーンを描いています。

If you are visually impaired, I suggest you check the video anyway, even if there is no commentary and only music as it features some neat music setting the mood for the story. 視覚障害のある方は解説がなく、ストーリーの雰囲気を整えている特徴的な音楽だけが含まれている場合でも、ビデオを確認することをお勧めします。

https://vimeo.com/215441426

The Team チーム

The work on Reckoning is happening in collaboration with a lot of different people, artists, 3D modelers, and programmers, from countries like the Faroe Islands, Denmark, England, Argentina, Germany, China, USA, Romania, Bangladesh, Singapore, Mexico and I imagine many more will join. Reckoningの作業は、フェロー諸島、デンマーク、イギリス、アルゼンチン、ドイツ、中国、アメリカ、ルーマニア、バングラデシュ、シンガポール、メキシコなど様々な国の人々、アーティスト、3Dモデリング設計者、プログラマーと共同で行われています。 今後はさらに多くの人々が参加する予定です。

The efforts being put into Reckoning are made by a truly international team just like the members of the protagonist organization TDF it is a truly multicultural with me as a central nexus as a writer, director “actor”/artist kind of personage. Reckoningへの取り組みは、主人公の組織であるTDFのメンバーのような国際的なチームによって行われています。 それは作家、監督、俳優/アーティストたちの中心的な結びつきを大切にしているからです。

If you can believe it, I was even lucky enough to have gotten the thumbs up from a military advisor (who remains anonymous at this time), for the realism with which battle has been described in several chapters - Now that is Pretty Awesome !!! 信じがたいごとですが、戦争を実際に経験された軍事顧問(現時点では匿名のままです)の方からご協力を得て、各チャプターの戦闘シーンのリアリズムをご指摘いただいております。結果としてかなり素晴らしい作品に仕上がっています!

The Story 物語

Reckoning is a science fiction story of suspense, conspiracy, and heroism, sprinkled with high technology, alien species, grand combat, and stealthy intrigue. Reckoning is a story seething with corruption and greed all in need to be circumnavigated by our band of brave protagonists of the Terran Defense Force. Reckoningは、ハイテク・外来種・壮大な戦闘・ステルス陰謀が散りばめられたサスペンス・陰謀・英雄的資質の空想科学小説の要素を持っています。 Reckoningは腐敗と貪欲に満ちた物語であり、テラン防衛軍の勇敢な主人公の一団によって周航されていく物語です。

The Military Industrial Complex, The Security Consortium, and the NWO all play their part in this high paced sci-fi adventure. The setting spans the entire globe and then some…. going shall we say all the way to the outskirts of the known, as well as the unknown universe. 軍産複合体、セキュリティ・コンソーシアム、およびNWOはすべて、このペース速いSFアドベンチャーの一部です。設定環境は地球全体に広がり、それ以上のものも存在します….既知の宇宙と未知の宇宙の周辺までずっと進んでいきましょう。

What do you, as a Patron, get out of this? Patronになって得ることとは何か?

Since this Patreon page is intended as a showcase for the 3D Reckoning comic book project, by becoming a Patron of it, I feel it is my duty to remind you that you are not purchasing any product, nor any service from me. You are basically subscribing to a digital SciFi news magazine. このPatreonページは、3D Reckoning漫画プロジェクトのショーケースとして意図されており、Patronになっていただければ製品やサービスを購入していないことのお知らせが届きます。また、基本的にデジタルSciFiニュースマガジンを購読することができます。

Through the posts on this page, you will be able to follow the work on this fully accessible 3D comic book. このページの投稿を通じて、この完全にアクセス可能な3D漫画本の作業をフォローできます。

You actually do not have to make any pledges in order to follow what is going on, no sale of any product or service needs to be perceived through you supporting this Patreon. あなたは実際に何が起こっているのかに従うために誓約をする必要はありません。 Patronとして支援することで、製品やサービスの販売を認識する必要はありません。

With digital magazines being exempt from VAT in many member states of the EU in principle you should not be required to pay VAT - However, the platform does not yet provide an option for me listing myself as a digital publication entity so Patreon will likely ask for VAT/sales tax from you. EUの多くの加盟国でVATが免除されているデジタル雑誌では、原則としてVATを支払う必要はありません。 ただしこのプラットフォームでは、自分をデジタル出版事業体としてリストするオプションがまだ提供されていないため、PatreonはVAT /売上税を要求する可能性があります。

Becoming a Patreon is simply you stating that you believe comic books should be accessible to as many people as possible. Patreonになるということは、できるだけ多くの人が漫画本にアクセスできると信じていることを示すことです。

As a Patron, you will, however, get early access to posts, so if you want to be in the know, you should sign up! Patronとして支援いただいている方は、投稿に早期にアクセスできるため、お知らせを早く受けたい場合にはサインアップする必要があります。

What is produced so far? これまでに何がプロデュースされていますか?

I think it fair that you also get a glimpse of the storyboards without having to dig too far into the Patreon - So here is an example of a rough storyboard of part 5. Patreonを深く掘り下げることなく、ストーリーボードを垣間見ることもできます。 そのため、パート5の大まかなストーリーボードの例を次に示します。

[Image caption: Storyboard animation GIF of Chapter 5 Operation Vermin] [画像キャプション:第5章Vermin作戦のストーリーボードアニメーションGIF]

I suggest if you are visually impaired, you go to my website and read Chapter 5 Operation Vermin until such time that the tactile pages are available in order for you to get an impression of what is depicted in the storyboard animation above. It is my hope to soon be able to send out demonstration pages to interested parties so they can get a better feel for what i am trying to achieve. 視覚障害のある方は、上記のストーリーボードアニメーションに描かれているものの印象を得るために、触覚ページが利用できるようになるまで、私のWebサイトにアクセスして、第5章「操作害獣」を読んでください。 達成目標への良い感触を得ることができるように、興味のある方にはデモページをすぐに送信できるよう考えています。

Get onboard! 是非ご参加ください!!

I would like to invite you to join the utterly awesome crew of Patrons and people already helping to make Reckoning a huge success, and maybe this little gift might tickle your interest. Patronsの素晴らしい乗組員と、すでにReckoningを大成功に導いている方々に是非参加していただきたいと思います。 この小さな贈り物が、あなたの興味をくすぐるかもしれません。

A free comic book for you! あなたへの無料マンガはこちらから!

If you decide to get behind this Patreon, I will gift you a copy of my latest copy Implant! While it is not yet fully accessible for the visually impaired or blind, the methods developed through the Reckoning project are laying the groundwork for making this comic-book accessible as well, and it may actually end up as a showcase for the idea and concept of 3D printed comics as well. Patreonに参加するかを未だにお考え中の方には、最新のImplantのコピーをプレゼントします! 視覚障害者や視覚障害者にとっては、まだ完全にアクセス可能とは言えない状況ですが、Rekkoningプロジェクトを通じて開発された方法は、この漫画もアクセス可能にするための基礎を築いているところです。実際には、アイデアと概念お見せする可能性があります。また、3Dプリントされたコミックも同様です。

Money-back guarantee! 返金保証!

Considering a Patronage? Well, since this is about your money, how about this guarantee? Patreonになるかを検討していますか?お金に関する事柄です。この保証はどうですか?

To alleviate any fears of making a “bad judgment” in regards to my creativity, I would like to offer you a full, no questions asked money-back guarantee! 決して後から「悪い判断」だったと後悔しないように、返金保証をお求めの際の質問等は一切必要ございません。

If you do not like what is happening here and you have been a Patron for 12 consecutive months, you cancel your Patronage before Patreon's 13'th billing cycle and ask me for a refund. 万が一お気に召されなかった場合には、12か月連続してPatreonであった場合に限り、後の13回目の請求サイクルの前にPatreon契約をキャンセルし、払い戻しを求めることが可能です。

Simple as that! - I will facilitate a full refund ASAP after that. とてもシンプルですよね! その後は、できる限り早く全額払い戻しを行います。

I am even offering a cyclical renewal of the money-back guarantee to roll a year a the time so that for each new 12-month billing cycle, you have an opportunity to continue to give the project a thumbs up or ask a refund. 毎年12か月の請求サイクルごとに、プロジェクトに賛成もしくは払い戻しのご請求の意思があるかを確認するために、返金保証の意思確認をする定期的な更新も、年に1回ご提供しております。

I really hope you like what you have seen and read so far about what for me put quite mildly is an amazing project and that you would like to follow along with us on this fantastic journey, as we expand upon the Reckoning universe and the great promise thereof. これまで長文をお読みいただき、ありがとうございます。お客様の疑問の解決の手助けとなり、気に入ってくださることを心から願っています。Reckoningの広い世界とお約束を少しでもご理解いただけますと幸いです。

Even if you can't afford to pitch in financially, help to spread the word. 財政的に投じる余裕が難しい場合は、是非私共のメッセージを広めてくださると幸いです。 A tweet or a post on social media is virtually free of charge and means the world to the project. ツイートやソーシャルメディアへの投稿はリスクがほとんどない上に、このプロジェクトにとっては大きな意味を持っています。

So pitch in today in whatever way you can and turn Reckoning into the blazing success it deserves to be! 可能な限りの方法で広めていただき、Rekkoningを成功への道へと導いてください!

All the best ご多幸をお祈りしております。

Einar

Become a Patron!
reckoning_patreon_intro_jpn.txt · Last modified: 2020/03/03 06:53 by einarpetersen